2016/12/01

ラスト羽田

 
東京に早すぎる雪が降った数日後。
 
まだ冷え込みが残って寒い日。
 
たぶんこれが最後の見送りになる・・・だろうね・・・羽田の見送り。
 
9年間、今度はいつ帰ってくるんかな~と思いながら娘を見送った羽田。
 
淋しく気が抜けていく思いをもうしなくていいんやね。
 
 
 
Dsc_1197
 
 
富士山がキリッと黒い。
 
夕景なのに、どっか清々しい気分になる私にとってのラスト羽田。
 
 

| | コメント (0)

2016/11/21

捨てられない

 
物置部屋化した娘の部屋を大整理開始。
 
まずは外の本物の物置の不用品から処分。
 
空いたところに当分使わない押入れの中の物を仕舞い込む。
 
押入れの空いたところに物置部屋のものを押し込む。
 
大整理といいつつ毎度処分するのは物置のわずかなゴミみたいのものだけ。
 
人から見たらゴミだけど、いつか使えればお宝になるかも~
 
なんてこと妄想しながら、来年こそ使わなかったら処分しよーっと、と保留保留。
 
ただ、右のものを左に動かすだけ。
 
こんな捨てられない心の弱さはあらゆるものに・・・・・・
 
もしやこれは、ゴミ屋敷の初期症状なんかな?
 
ほったらかしの庭の隅にグリーンマムがくねくね育って花を付けた。
 
せっかくなので花瓶に挿して楽しみましょう~
 
あららー  くねくねから折れて落ちてしまったー
 
この2輪がもったいない。
 
捨てられなくてザワザワ。
 
Dsc_1185_2
 
 
ちょっこと挿しにして洗面所の窓に。
 

| | コメント (0)

2016/10/28

妻有 秋日和

 
そろそろ40回目の結婚記念日になりそう。
 
ちゃうわぁ~今年はプレ40周年やったぁ~
 
それでも40年とは・・・・歳にすれば中年かぁ~
 
夫婦もまだ人生半ばということかぁ~
 
なんてね。
 
ないない、あと40年はないでしょう。
 
記念日をこじつけちょっと遠出。
 
越後妻有トリエンナーレ2016秋を日帰りで巡る久々のお出かけ。
 
ジャストミートした秋晴れで、色づいた山の景色が心地いい。
 
 
Dsc_1150
 
 
「つらなるかたち 」 清津倉庫美術館
 
これが何なのか観たかった・・・・
 
現実を通り抜けた非現実 かな?
 
現代アートは理解せずに感じればいいのだ!
 
Dsc_1121
 
 
絵本と木の実の美術館   ガラス球から観る「馬のち房」
 
 
 
 
Dsc_1066
 
地元野菜たっぷり 里山ランチ 
 
滋味あふれる食をいただく、これがほんとの贅沢やね。
 
 
硬くてゴリゴリしてた心も体もほぐれたわぁ~よかった~
 

| | コメント (0)

2016/10/08

薬味豊作

 
おいしい野菜をたっぷり食べられるのがフツーとは思ってないけど・・・・・
 
スーパーじゃあ100円野菜はご馳走並みのお値段になってるね。
 
JA産直市場じゃあ作物があんまりなくて、大根の代わりに冬瓜を買ってきた。
 
この際、方向転換。
 
地味に有機栽培してたハウスのトマトに、高度化成肥料をあげて、どんどん収穫しましょか。
 
こんなに野菜作りに悪戦苦闘してる傍で、シソだのミョウガはもりもり育ってる。
 
野生化して自立してる植物は強いわぁ。
 
薬味好きの私にはええことですよ。
 
 
Dsc_1043_2
 
お刺身に添えられるシソの穂
 
採れすぎたミョウガは甘酢漬け
 

| | コメント (0)

2016/09/28

西に沈む茜

 
50数年のお付き合いだったというおばあちゃんの友人のお通夜へ。
 
お元気な時はよく訪ねてこられて、ふくよかで品の良いご婦人だった。
 
代理とはいえ、気持ちを込めて会葬させてもらいます。
 
Dsc_1016
 
 
夕方の用事はバタバタとして、出かけるまでの時間があという間になくなる。
 
夕食の下ごしらえをサッサととして、大急ぎで身支度し、履き慣れない黒のパンプスでガタ
ガタ玄関を出る。
 
慌ただしい家から出ると、ほわ~っと穏やかな雰囲気。
 
振り返ると、西の空が茜色に染まってるやないの~
 
蒸し暑い日だったのに、気分のいい夕暮れ。
 
駅に上がって写真を撮る。
 
ほかにも何人もの人が撮ってた。
 
満員の通勤電車から降りて、この夕景が広がってるなんてええやないの~
 
お疲れストレスもちょっとは癒えてくれるかも。
 
 
私も気持ち静かにセレモニーホールへ。
 
 
 

| | コメント (0)

2016/09/23

雨季休暇

 
外の仕事がすっかり休業。
 
長すぎる秋雨は程よいお休みを超えてしまってる。
 
庭も畑もやらねばならないこと山ほど溜まってるんよ。
 
 
草花が弱々しくなる傍で、雑草は威勢よく浸食してくる。
 
何でそんなに元気なん? 
 
日照不足はなはだしいし、濡れっぱなしやし、虫も寄り付かないし。
 
逞しい生存能力は憎たらしいどころか羨ましい。
 
雑草とはいえ名のある植物やもんね。
 
頑張るね~ って褒めてあげましょ。
 
 
あ~あ、草取りも山ほどせなならんわあー。
 
 
 
初盆からひと月。
 
お盆のお客さんがまたお越しになる秋の彼岸。
 
もうちょっとインターバルが欲しいけど、そんなこと望むのはバチがあたるね。
 
 
Dsc_1003
 
 
 
日陰に咲いた彼岸花。
 
ピンポイントで秋のお彼岸に咲く。
 

| | コメント (0)

2016/09/08

トレンド市場

 
恒例の築地買い出し。
移転なんやかんやで、大注目の築地。
 
というか、問題意識高いのは、高い都民税納めてる都民だけかな? 
 
そんなの関係ない観光客で場外市場は相変わらずごった返してた。
 
しかも日本人買い物客の姿は消え失せて、海外からのお客様だらけ。
ガイドブックと口コミでこんなにも観光客が来るんやね~
築地のどこがええのかしらね?
聞いてみたいわぁ。
 
 
 
Dsc_0966
 
立ち飲みビールバーみたいのやカフェ、・・・・・・・ここが築地?
 
 
Dsc_0969
 
 
定例のお店を回っただけで、場内の食堂でお昼ご飯。
 
どこもお寿司屋は大行列なのに、英語の看板を出してないお店は行列がなくて超穴場。
 
 
Dsc_0971
 
 
製氷工場の建物。
アナログ式で手つかずの古さ、よくこれでやってこれたもんやわぁ。
 
 
真夏を避けたつもりが思いっきり暑かったー。
話題の渦中の築地はいつまで熱いんやろね~?
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2016/09/03

縁日の鈴虫

 
町の小さな神社の夏祭り。
 
祭事だけでお神輿も山車もないけど、毎年自治会の手作り縁日で盛り上がって賑わう。
 
こじんまりしたやぐらも建てて盆踊りもやってる。
 
近隣の人たちが楽しみにしてる夏の行事。
 
そうやね~ささやかで地味なお祭りのほうが親しみやすくて楽しめる。
 
おもちゃ、駄菓子や射的、綿菓子、焼きそば、だんご・・・・・
 
お馴染みの夜店に珍しく鈴虫が売られてた。
 
へえ~鈴虫ねぇ~
 
・・・・・・翌日、お祭りの後かたずけ。
 
だんさんが売れ残って困ってたからと鈴虫をもらってきた。
 
7匹。
 
どーすんの?
 
飼う。
 
どうぞ、お世話してあげて。
 
アマゾンで昆虫ケースを買って飼育開始。
 
それから、かれこれ3週間。
 
リ~ン リ~ン リ~ン リ~ン
 
あら~ いい音色~
 
オスが羽を広げて震わして鳴ってる求愛の音。
 
 
Dsc_0955
 
 
狭い飼育ケースの中にオス2匹、メス5匹。
 
涼やかな音色とはかけ離れた虫世界の厳しいバトルが展開してる。
 
ミニ生態ドキュメントみたいで、見てても飽きないおもろい鈴虫。
 
産卵させて、ふ化させて、来年のお祭りで売ろうか?
 
何言ってんだ、売れ残った鈴虫なのに、また売れ残ってしまうぞ。
 
そうやね、どうせ次世代誕生は無理やわぁー。
 
 
 
 

| | コメント (0)

2016/08/29

台風前

 
ちょうど1週間前に直撃を受けたばかりなのに、
 
また台風がやってくる。
 
次々に被災してる北海道は本当に気の毒やわ。
 
この辺りは浸水も洪水も土砂崩れも無縁でありがたい。
 
それでも台風対策ってどうする?
 
毎度、毎度同じ。
 
それでも足りないとすれば・・・・
 
飛んで迷惑かけるのは怖いけど、壊れてしまうのは覚悟せねばならん。
 
畑のスイカが痛んでしまったのも、いい勉強になったと諦めたしね。
 
高い塀に繁りに繁ったモッコウバラ。
 
今年こそはバッサリしたいと強剪定をだんさんに発注してたら・・・・・
 
昨日からバッサバッサやってくれた。
 
あ~あ、後始末が大仕事なんよ!
 
台風の前にやりたいことあるのに、こんな時にしてくれんでもええのにね。
 
風に飛ばされるのが目に見えてるから、枝葉は一枚残らず片付けないと!
 
切り刻んでたい肥化すんのよ。
 
時間制限の仕事は辛い。
 
ん~も~ どうにでもなれやわ~
 
 
Dsc_0948
 
 
柔らかいモッコウバラの枝をリースに。
 
切羽詰まってても、息抜きはしてしまうんよね。
 
 
どうにか本降りの前に終わってやれやれ。
 
ふぅ~
 
 
 
 

| | コメント (0)

2016/08/23

台風明け

 
十数年ぶりの台風直撃。
 
小型でも威力は強くて雨が猛烈に降った。
 
ゲリラ豪雨も凄いけど、台風はやっぱり別格。
 
少しの雪や大雨にひ弱い都会はたまったもんじゃない。
 
こんな日でも勤勉な日本人は出勤して、帰宅は大混乱。
 
わかっちゃいるけど、お仕事行くんやね。
 
台風明けの後始末が忙しいのは毎度のお決まり。
 
どうせ外には一歩も出ないから、今日は家の中の事をせっせとやっつけて、
 
しゃーないね、明日は畑やら庭を片付けますかぁ。
 
 
 
Dsc_0941_2
 
 
 
猛烈な風雨で倒れてしまうと諦めてた手作りパーゴラ。
 
一夜明けて・・・・・
 
ちゃんと建ってる!
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2016/08/05

出番なしの出前

 
8月になっていきなり盛夏。
 
やっぱり本物の夏は暑い!
 
 
墓参と母の様子伺いに実家へ。
 
電話の声は元気でも、案の定、衰えた姿には想定内でもハッとする。
 
食いしん坊が取り柄のはずなのに、
 
出かけるのがしんどいらしく、外食に誘ってものってこない。
 
仕方ないので、途中でお惣菜を買ってお昼ご飯にしよか~。
 
食事作りにやる気が出ないから、食欲も出なくなってしまってる。
 
わかる気はするよ。
 
食事を三度三度作るのは私でも億劫やもん、暑いとなおさらやわぁ。
 
一人暮らしはもっともっとになるんよね。
 
 
Dsc_0892
 
 
 
20年一度も注文してたことがない宅配寿司のお品書き。
 
このお店、今もあるかないかもわからないのに、電話の横にぶら下がってる。
 
涼しくなったら美味しいお寿司食べに行こうね~。
 
 
 

| | コメント (0)

2016/07/22

梅雨時々夏のち梅雨

 
今さら四季のうつりかわりは当たり前だぁ~なんて期待はしてない。
 
けど、やっぱり季節は順番に巡ってきてもらいたい。
 
もはや意味ないかもしれない梅雨入り梅雨明けだけど、
 
頑張って発表しないと歳時記が寂しいもんね。
 
 
 
Dsc_0846
 
 
長雨、カラ梅雨、真夏日、猛暑日!あれもこれもごちゃ混ぜのお天気は何季節?
 
モクモクの入道雲は真夏の定番。
 
あっという間に梅雨空に奪われてしまったけどね。
 
それにしても、水源地に雨降らずの困った雨季やで。
 
 
 

| | コメント (0)

2016/07/16

トマトの根性

 
夏用ビニールハウスでスクスクと育ってるミニトマト。
 
今年もケチャップメーカーから買った苗はたわわに実をつけてる。
 
毎朝とれたてが食べられる~
 
新鮮で美味しい。
 
けど、、、、、
 
もっと、もっと美味しいトマトがある!
 
植えた覚えもないのに、庭にポチポチと芽を出しジワジワ大きくなったトマト。
 
どうやら、去年おしまいになったトマトの木を引きずった時に、種がこぼれたみたい。
 
土は固くて、施肥なし、天水だけで自生してる逞しいトマト。
 
何とこのトマトのほうが実が充実して、皮が薄くて、味が濃くて・・・・
 
保護下のブランドトマトより、野生化したトマトのほうがはるかに美味しい。
 
 
Dsc_0813_2
 
 
この差は何?
 
何となくわかるよ・・・・・
 
いろんなことに共通してる。
 
人にもね。
 

| | コメント (0)

2016/06/15

久々の静けさ

 
お向かいのお宅が売地になり、取り壊しの工事中。
 
築60年ほどの家。
 
ご一家が営んでた暮らしの面影が重機でガザガザグシャグシャと壊されていってる。
 
一人暮らしになった息子さんは何処かで新生活をスタートさせるんやね。
 
・・・・・・通りの向かい側は空き家が目立ってきてる。
 
数十年前に分譲新築した若い家庭は、子供が独立し、年老いた夫婦は亡くなってしまった。
 
主がいない家は瞬く間に生気が失せてしまう。
 
手入れもされず古ぼけてしまった家を見ると、時が流れてるって嫌でも思い知る。
 
どんどん変わっていくんやね・・・・・・みんな。
 
 
今日は工事がお休みになって、こんなに静か。
 
トラックが出入りしてない崩された現場は侘しい景色。
 
 
P1020574
 
北側の庭で寂しく咲いてるカシワバアジサイを庭小屋の窓辺で光にあてる。
 
冬の剪定が上手くいったのか、たわわに花がついてくれた。
 
 

| | コメント (0)

2016/06/09

いつのまにか停留所

 
見えてるのに見えてないものって?
 
結構あるある、あるよね~。
 
ホントにあった!
 
知らん間に、家の門前が幼稚園バスの停留所になってた!
 
門の真ん前で園児とママたちが送迎バスを待ってる。
 
たぶん4月から停留所になってたのに、全然わからんかった~
 
というか、幼稚園から何のお話もなかったでぇー
 
うちの子らの幼稚園バスですら、さすがに門前はなっかたのに!ブツブツ・・・・・
 
こんなことってある?
 
普通にありえへんでしょ。
 
子供の声がうるさいぞ、なんていう怖いおばさんやないから、小さい子たちは全然大丈夫
やけど・・・・・
 
ママたちもからもご挨拶ないし、やっぱり、嫌悪感丸出しの顔になってたんかな、
 
ママたちと目が合った次の日から停留所は10メートル南のT路地に移転。
 
ちゃんとお話しもらえれば、停留所くらいOKしたかもしれんのにね。
 
ママたちやチビちゃんとも笑顔で挨拶できたかもしれんのに、残念やわぁ~。
 
もっと早く気が付いてれば文句も少なくて済んだかも・・・・・・・。
 
 
P1020564_2
 
 
そんなこんなゴタゴタしてる間に、アガバンサスの蕾がでてきてた。
 
毎日、通ってる花壇やのにね、最初の脱皮を見逃したぁー。
 
 
目の前にあるのに、見えてないのってあるね~。
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2016/05/28

上野公園で330分

ようやく熱気が収まった若冲展。
 
こんなに大人気になるとは思ってもいなかった。
 
いつ観に行こうかなぁ~と前売り券も買わず呑気にしてたら、長蛇の行列ができてると聞いてびっくり。
若冲ファンってそんなにいたんかしらね。
TVで特番やってたからね。
いいと思うものを観るのは結構なことです。
幸福なことです。
 
 
慌ててオンラインチケットを買い求め、都立美術館でシマシマさんと待ち合わせ。
 
4時間、5時間待ちとの噂もあって万全の準備で開館前に上野駅着。
 
覚悟はしてたものの、210分待ちと公園口前にお知らせ看板がある。
 
んんん?210分って何時間やったっけ?
 
あらら~3時間半!
 
行列、行列、、、、、
 
平成の大行列でも、日本人は整然とおとなしく並んでられる人たち。
 
和やかに後ろのご家族とも親しくなれたし、
 
合流したシマシマさんと積もる話で210分はあっという間に過ぎてしまった~。
 
 
Dsc_0757_3
 
 
展示室はさすがに大混雑。
 
江戸時代、規制や概念を超えて、思い存分に描いてる伸びやかな画は圧巻!
 
日本画を描くシマシマさんに解説してもらい合点、感心、不思議。
 
この先、若冲のこれだけ多い作品数を一気に観ることはないと思ってたら・・・・・
 
何と!鑑賞を諦めてた織姫さまと最終日再び行くことになった。
 
行列なんぞ何てことないわぁー
 
オンラインチケットがクローズされて最終日の待ち時間は120分。
 
え~たったの2時間、、、、短いっ!
 
おばさん2人のお喋りは2時間では足りないもんね。
 
やっぱり最終日、館内でもみくちゃになりながら、惜しみながらの鑑賞会やった。
 
2日間で330分の待ち時間は立ち話で有効利用されたし、めでたし、めでたし。
 
 
ん?330分って何時間?
 
5時間半か~
 
睡眠時間より長いやん!
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2016/05/05

屋根の上の鷹

50年以上前から床の間に飾られてた鋳物の鷹。
 
木彫りの獅子や日本人形、謎のガラス玉、中国土産の刺繍鏡、表彰盾・・・・
 
などなどと賑やかしく床の間にあった鷹。
 
その昔、この家のおじいさんが買ってきたと聞いてはいたけど、ホントはよく知らない。
 
長年鎮座していただいたけど、今年のお正月をもって引退してもらった。
 
いろいろあって、、、、というか、単純に私に好かれてないから。
 
どなたかに譲りたいけど・・・・・貰い手はないやろな~
 
不用品業者に渡すしかない?
 
物置に移したまんま手に余ってしまってた。
 
最近、朝の目覚めがカラスの鳴き声と、屋根をガサガサ歩き回る音!
 
カラスにも事情があるんやろうけど、ガーガーガサガサには参ってしまう。
 
子育て中なのか、縄張り争いか、超低空飛行で追いかけっこしてるのも怖い。
 
お手上げのカラス、カラス、カラス、腹立つわぁー。
 
 
そんな時、だんさんが閃いた!
 
あの鷹を屋根に置くぞ!
 
グッドアイデアやん!
 
Dsc_0735_4
 
床の間の鷹が、カラス退治に屋根に登って野ざらしになってしまったとは。
おじいさんもビックリ。
 
とりあえず、早朝のガサガサはない。
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2016/04/28

花公園の不思議

よりによって、夏日のお出かけになってしまったぁ~
 
評判の大藤を見に、おばあちゃんや姪っ子親子達とあしかがフラワーパークへ。
 
ものすごい人出で大混雑と知ってはいたものの、予想を超える人、人、人・・・・・・。
 
往復の時間と人混みにもまれた疲れを差し引いても、大長藤は見ごたえあり!
 
Dsc_0718
 
ご立派!
 
1本の藤の木から、長くて大きな藤の房をどれだけつけてるのか?
 
 
Dsc_0714
 
 
満開のさつきと藤が 盛り上がるほどに咲いてる。
 
ところが不思議。
 
こんなに藤の花の香りでむせかえるほどなのに 、ハチが飛んでない。
 
我が家の藤棚にはハナマルハチがブンブン飛んでるけど・・・・
 
ハチはどこへ?
 
もしかしたら、お客さんが怖がらないように忌避工作してるのか?
 
お客さんが多すぎて寄ってこないのか?
 
 
 

| | コメント (0)

2016/04/15

家電ドミノ

家電の故障は連鎖するというのはホント。
ドアホンがダメになって取り替えてからわずか数日。
洗濯機から異音がして、いや~な予感。
3世代の洗濯物を9年間皆勤賞で洗ってくれてる洗濯機。
見た目はまだまだ現役バリバリでも、中身は疲労困憊、ボロボロかも。
動かなくなって、タライと洗濯板で洗いたくはないので、修理をお願いしたいぃ。
このところゴタゴタしてるあのメーカー。
けど、こっちも非常事態!
えぃー!電話じゃー!
 
何と、直ぐにサービスマンさんが来て、経年劣化の部品を交換してくれて一件落着。
ふ~よかったぁ~
 
風の強い日は花粉症でなくても外干しはできない。
厚手の物は乾燥機仕上げが欠かせない。
17年愛用してるガス乾燥機は見た目は現役バリバリ、
けど、フィルターカバーが壊れてしまった~こっちも経年劣化だらけやね。
部品購入しないと・・・・・
あららー!部品交換どころでない、うちの乾燥機はリコール製品になってる!
非常事態やないの!
えぃー!電話じゃー!
直ぐにサービスマンさんが来て部品交換して点検してOK。
ついでにフィルターも新品を持ってきてくれて、即使用可能。
ふ~よかったぁ~
まだまだ、大事に使わせてもらいますよ。
 
 
Dsc_0693_2
 
4月になってバタバタと壊れる家電で慌ただしくしてたら、
ボタンがどっしり花を開きだした~。
次はどれが壊れるんかな~? 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2016/04/06

雨と桜

当てにしないはずが、やっぱり気になる天気予報。
このところ外れっぱなしやないの。
ほんのり暖かい春日和にすっぽかされてる。
今朝もお布団の中で雨音を聞いてがっかり。
 
今日はおばあちゃんの眼科検診の日。
桜の大木に囲まれた公立病院の駐車場は、ちょっとしたお花見ができる。
周りの落葉樹が新緑に覆われる前に満開になるタイミングは何という絶妙。
魅せ方を知ってる女優みたい。
 
 
Dsc_0688_3
 
ソメイヨシノはやっぱり桜の女王やね。
くすんだ雨雲を背景にしても存在感ある~。

| | コメント (0)

2016/03/21

お彼岸花

もう春のお彼岸。
 
暖かいのやら、寒いのやら、順々に春になっていかないので、庭のお花が咲いてまへん。
 
ラッパ水仙がまだ固い蕾にしかなってない!
 
畑に菜の花がしょぼしょぼ咲いてるだけ・・・・全然足りない!
 
彼岸の入りの前の日にはお墓のセッティングしたいのにお花がない。
 
仕方ない、買い出しせねば。
 
それが・・・・・町のお花屋さんは・・・・・・ひっくり返るほどの高値!
 
仏花が高級バラかと見まがうばかりの数字が並んでるんやもん、
 
さすがに手が出まへん。
 
ところが、ペンキを買いに行った巨大ホームセンターにお花がいっぱい!
 
通常価格のお花がいっぱい!
 
この時期、ホームセンタにしては普段よりは高いのかもしれんけど、それでもええわぁ~
 
これで何基もある墓石にモリモリのお花がお供えできる~
 
 
Photo_4
 
床の間のお花も山茶花がおしまいになってどうしよかと・・・・・
 
庭をぐるり巡って・・・・あったあった~
 
ローズヒップの原種バラと満開のサクランボの桜でバラ科混合。

| | コメント (0)

2016/03/02

地上53階の五百羅漢

寛大な解釈で規制のない表現をする村上隆氏の展覧会。

都心を見下ろす森美術館の五百羅図展。

鮮やかな色彩や異彩な構図がド迫力、エネルギーの塊。

作家が狙った通り、観るものはうろたえてしまう。

アニメなのか日本画なのか、そんなんどうでもいいジャンルフリー感が現代アートの快感。

Dsc_0653jpg

このサイズの壁画を創作しまくってるとは凄まじいアーティストだわぁ!

・・・・・・

それにしても、芸術になった羅漢たちを描かれて、お釈迦様はびっくりポンやね。

| | コメント (0)

2016/02/24

還暦 感謝

本日満60歳。

とうとう還暦・・・・ようやく還暦・・・

孫もいないのに、すっかりばあちゃんやわぁ~。

そんなこと言わんときましょ。

何はともあれ、60年生きてこれた。

力ずくで頑張ってきたなぁ~

それと、いろんな人にお世話になったし、迷惑かけたし、支えてもらったし・・・

ほんまにほんまに、う~んと感謝せんとね。

Dsc_0611

おばあちゃんの退院がそろそろという先週。

今のうちに行ってしまおうと、数年ぶりで泊りがけの温泉旅行へ。

修善寺温泉から河津桜を巡るコース。

帰り道、伊豆スカイラインからの日没の展望にうっとり。

こんな景色があったとは・・・・

伊豆半島のくびれたつけ根から富士山と駿河湾が一望。

60周年を飾る心洗われる絶景でした。

| | コメント (0)

2016/02/08

節分から立春

恵方巻きブームが定着しつつある節分。

海苔巻きやさんの仕掛けが成功したんやね。

それでもお米を食べる機会が増えるんはええことです。

我が家は数粒のお豆を撒いて鬼を追い出し、

人気店の恵方巻きをビールのつまみに食べて福を呼びこんだつもり。

入院中のおばあちゃんはお豆の代用に卵ボーロが配られたそうで、ふう~ん。

P1020436
1月の雪で折れた梅ノ木。

ひどい折れ様で伐採が決まってしまった。

立春が過ぎて、すぐに暖かくなるはずもなく寒い。

無数の蕾をつけたたまま横たわり、それでも花を開こうとしてる。

最後の梅の花になるかも・・・・・・

| | コメント (0)

2016/01/24

大雪で大騒ぎした東京。

10センチも積もらないのに、何でこんなにひ弱なんかね。

たっぷり水を含んだ重くて固まった雪と、翌朝の強風には降参やわあ。

雪かきも汗だくやし、折れた枝の始末もどっさり。

Dsc_0499
黄色いロウバイに雪が積もってきれい~

と、喜んでたら・・・・重みに耐えきれず痛々しいことに。

Dsc_0503

P1020412
白い花が満開になると見事だった大きな梅ノ木。

グサッと主幹が折れてしまった。

蕾をいっぱいつけた枝が地面に倒れて哀れな姿に・・・・

| | コメント (0)

2016/01/12

陽だまり水仙

東京のはずれの田舎は暖冬でも朝晩はしっかり寒い。

さすがに日中はポカポカしたり、

コートなしでも自転車大丈夫な日もあったりするけどね。

その暖かさのお陰さんで、早くも庭の水仙が咲きだした年末。

お正月に花瓶に挿せるとにんやりしてた頃・・・・・

おばあちゃんが骨折で入院。

そんなんで、お正月のしつらいは手つかずのまま年越し。

Dsc_0394

自転車でプラプラ病院へ。

南向きの斜面に水仙が群生してて、

ほっこり気持ちのいい散歩道になってる。

| | コメント (0)

2016/01/10

申の還暦

暦が巡って今年は夫婦して還暦。

しかも、だんさんの誕生日はお正月。

けど…・喪中のはずなのに、人出不足とかで神社奉仕が忙しくお祝いはなし。

おせちも三種しか用意してないし、ご馳走もなし。

そんなん味気ないでぇ~

けどけど、日本酒だけはたっぷりありまっせ~

ふふふ~お屠蘇も兼ねたお酒頂きましょう。

Dsc_0391

せめて、赤いお膳で気分だけ・・・・・

2日後、本物の赤いちゃんちゃんこがプレゼントされてビックリ感激!

| | コメント (0)

2016/01/01

思い

お宅は家族が多いから~

と、いまだに思っている人がいるけど、

そんな大家族時代は昔々のことですねんよ。

今夜はとうとう一人で年越し。

と言ってもここ数年はこんなもん。

家族団らんのわいわいはなく、静かに年が暮れて、

センチメンタルっぽくなって、悲しい出来事がリフレインしてる。

風のない穏やかな大晦日の夜。

思いが溢れた2015年にいたわりと慰めをこめて火を燈しましょう。

Dsc_0380

| | コメント (0)

2015/12/30

お願い事

毎朝お供えするお水とご飯。

蝋燭の灯りとお線香の煙が朝の気忙しさを落ち着かせてくれる。

感謝と家族の健康をお願いする厳粛な時間。

仏壇の前に座るこの時間がだんだん長くなってきた。

決して欲張りではないけど、生きてると自力では何ともしようのない事が増えて増えて・・・・。

結局は仏様にお願いするしかない。

おじいちゃんも次々と難題を持ち込まれて困ってるかもしれんわね。

それでも、叶えてくださったお願いもあるね。

ありがとうございます。

P1020407

P1020404

冬花

暖かな日和が続くと花を咲かせる。

生き続けるために花を咲かす。

シンプルで健気な生き方。

| | コメント (0)

2015/12/09

西国寺社

数年ぶりの気楽な小旅行。

娘に連れられて、コアな和歌山をぶらりぶらり。

Dsc_0346

和歌山市にある紀州東照宮。

紀伊家は徳川御三家でしたなぁ。

見上げるこの階段、急こう配で幅が狭すぎ。

体育会系のトレーニングでも危険すぎるでしょ。

昔の人は楽々上り下りしてたんかしらね~

Dsc_0350

紀三井寺

階段を上って登って、ようやく和歌山湾を望む本堂へ。

足腰がたたないとお寺やお宮さん参りはできませんのや。

昔々、小学校の遠足で来たことがかるかも・・・・・

| | コメント (0)

2015/11/28

霜月

もしかしたら11月は一番好きな季節かもしれない。

Dsc_0317_3

葉の色づきから始まる11月。

繁茂したツルも紅葉して秋を演出してる。

冷え込んだ今朝。

Dsc_0341

初霜柱。

堅そうなな霜柱がザックザック。

| | コメント (0)

2015/11/25

寒い雨

真冬のような寒い日。

ガサガサと庭仕事をしても、体が暖まらないどころか手がかじかんでしまう。

お昼前から雨が降って、今日の剪定作業は終了。

寒さで色が抜けてグレーな日。

P1020366

数日前に行った奥日光。

この日も寒く霧雨にすっぽり覆われて観光客はすっかり遠ざかって寂しい。

半月山からの展望はなく、無彩色の樹が浮かんでた。

紅葉シーズンでは見られない幻想的な風景。

P1020385_2

金精峠に向かう途中で望む湯の湖 戦場ヶ原

| | コメント (0)

2015/11/15

リバイバル皿

平成の大整理。

今のうちにしないといけない事。

倉庫に眠ってる冠婚葬祭を自宅でやっていた時代の大量の食器類。

これを何とかせねば。

けど、どない処分しようか頭が痛い。

そもそも、そこがネックで手が付けられなかったんやもんね。

とりあえず、フリマ・バザー寄付・廃棄に分別。

たいして使えるものはないやろと思ってたらどっこい・・・・・

Dsc_0311

昭和な柄が今はレトロで新鮮で、仕舞い込んだ自分でもびっくり。

年月は見る目も聞く耳も肥えさせるんやね。

残念ながら裏に「○○商店開店祝」なんてあるので、フリマには出せない。

状態のいい物は自宅使いに復活させまひょ。

| | コメント (0)

2015/11/08

錆花

11月にはいると山茶花がざわざわと満開してきた。

すぐに花びらがドサッと落ちるので、毎朝の掃き掃除がせわしい。

ちょっと困った花木ですわ。

昔なら、その辺の落ち葉と一緒に燃やしてしまえたのに今はできまへん。

くすぶる煙をゆったり眺めてるやなんて、そんなのんびりした暮らし・・・・よかったのにねぇ。

庭花の手入れをしないでいたもんで、ぼさ菊ばかりが目立ってる。

後悔してももう遅い。

来年こそはしっかりやろう・・・・

P1020353

咲き残ってたゴマノハクサ

紅葉というよりは寂びた錆色。

| | コメント (0)

2015/10/29

じゃまにならない音楽

電池がなくなってきたのか、ラジオの入りが悪くなってきた。

毎晩お風呂で聴いてる安物の防滴ラジオ。

ガチャガチャ、クリクリ、ガチャガチャしてたら、

ふ~ いい感じのチャンネルが入ってきたぁ。

耳にさらさらっとと流れ込んでくる音楽ばかり。

CMもナビゲーターのおしゃべりもない。

心地いいサウンドとリズムの選曲の数々。

邪魔にならないというと音楽に失礼やけど、人肌に馴染む音楽たち。

こんな番組が聞きたかったんよ~。

なに、なに、この局?

「TOKYO FM 86.6MHz 檜原中継局からの試験電波」

と、落ち着いた女性の声。

湯船につかりながら聞えてくるのにちょうどいいラジオ。

Dsc_0294
みずひき・・・・ ひっそりと生き延びてきた邪魔にならない茶花

| | コメント (0)

2015/10/22

秋晴れ秋桜

朝晩は冷えても日中は暖かい。

姪っ子とおばあちゃんの気晴らしにどこかに出かけようか。

風もなく秋晴れの穏やかな日、昭和記念公園のコスモス祭りへ。

広い広い公園はベビーカーと車椅子を押してのんびり散歩できる。

コスモス畑ってどんなんかしらね。

P1020295

群生となると見ごたえあるね~。

P1020312


四季折々の野花を植え替えるのは大工事やろうに・・・・・

なんて、余計な心配したりして。

ここ数年、お花見みしてなかった私も、久々のお出かけやったわ。

| | コメント (0)

2015/10/18

のぼり旗

立川駅に恒例の大学駅伝の旗。

Dsc_0276

箱根駅伝の最終予選会で盛り上がってた立川。

うちの来年のお正月。

年始客がなく、静かに過ごせるかも・・・・・

それなら、箱根をじっくりTV観戦するのもよし。

いっそ現地観戦も良いねぇ~   んんん  ムリムリ

来年の話はまだ早いね。

| | コメント (0)

2015/10/15

いつの間にか秋深く

夏の名残もなく、あっという間に秋になって、

もう紅葉シーズンになってしまってる。

八月におじいちゃんを見送って、

そのまま時間が止まってしまったような気がしてた。

庭の植物は猛暑と長雨にたたられた上に、

まともに世話もしてもらえず、衰えて荒れて哀れな姿に。

あ~堪忍やで~。 

Dsc_0252_2
洋花で飾った祭壇はいつも活気があって華やか。

P1020266

ほったらかしにされても復活してくれた秋バラ。

夏を越えると色濃く咲くのが不思議。

 

| | コメント (0)

2015/07/30

活力バンザイ

定年後はどこか田舎で暮らしたいと移住を計画してた節ちゃん一家。

すったもんだはあったものの、来月無事に山梨へお引っ越し。

それならば、送別会みたいなことしましょ~。

お別れするわけちゃうよ、田舎でおとなしく暮らしてなんかおられへんわぁ。

チョイチョイ東京へ出てくるに決まってる。

それにしても、縁もゆかりもない土地へよう行く気になったね。

激励会にしよか~。

田舎は車がないと不便やでぇ、運転免許ないのにどうするん?

えええっ~、これから取るのー!

スゴイというより、呆れてしもた。

中年をとっくに超えてるのに、この怖いもの知らずのやる気は何処から来るん?

激励せんでも元気ハツラツやん。

やっぱりスゴイわぁ節ちゃん。

Dsc_0230


猛暑に花を咲かせてしまった藤。

シマッタって思ってるに違いない。

いやいや、涼しげに優雅に咲いてる。

多くの種を残すために、真夏であろうと花を咲かす。

スゴイわぁ~。

| | コメント (0)

2015/07/17

半年ぶりの築地

地下鉄日比谷線の築地駅を出ると雨。

台風の余波が心配で、長靴をはいてきて正解やったね。

前日、世の中を沸かした芥川賞選考の新喜楽を横目に流して、半年ぶりに場外市場へ。

ちょっとご無沙汰してたね、この前来たのは12月。

日本観光の定番になった築地は、さすが年の瀬でも日本人は5人に1人。

この市場のどこがええの?

外国人観光客狙いのお店が増えて、わたしら日本のおばちゃんの買い出しは不便になるばかり。

仕方ないのんかな~

今日は20人に1人しか日本人がいてないもん。

頑固に日本の市場を貫き通してほしいわぁー。

そのほうが観光客は喜ぶんとちゃうかなー。

P1020242

行きつけのお茶屋さん。

サービスにもらった緑茶ティーバックは英語版。

| | コメント (0)

2015/07/10

手のひらと太陽

毎日きちんとカルシウムを摂ってても、紫外線を浴びないと骨は弱くなるらしい。

UVカットだらけのグッズで固めてたらいけませんってこと。

いや~日焼けはいやや~

そしたら、都合のいいことに、手のひらは紫外線のダメージが少ないって。

「手のひらを太陽に♪」は理に適った歌だったんやね。

知らんかったわぁ~

手のひら ねぇ~

Dsc_0169

10日ぶりの太陽。

長雨から解放されてようやく射してきた陽の光。

いのちの光や~

| | コメント (0)

長雨の賜りもの

7月に入って今日まで、この間ず~っと雨降り。

梅雨らしいと言えばそうやけど、陽の光が射さない毎日はなんとも陰気。

たっぷり湿気が充満して、家の中でも雨が降りだしそう。

月末におじいちゃんが入院して慌ただしいし、シトシト雨でやる気も出ないし、

庭に出ないでいたら・・・・・

なんとキノコ天国になってたぁ~!

ジメジメの雨降りを喜んでたのは菌類たち。

何時かは世に出ようと待ち望んでて、ようやくチャンス到来で発芽したんやゎ。

P1020235

他のいや~な菌たちがあちこちに出てこないとええんやけど・・・・・

| | コメント (0)

2015/06/28

赤・咲いた

ベルガモットが花開いた~

種から咲かせるのが難しくて3年越しの開花。

湿地に咲く魅惑の花。

グングン背丈が伸びて伸びて、何時になったら花がつくんかと思ってたら、

1m超えた頃ようやく蕾が現れた。

Dsc_0097


アールグレーの香りがするとか何とか言われてて、すごく楽しみにしてた・・・・

・・・・けど・・・・少々期待外れかな・・・・。

そもそも、アロマのベルガモットとは全くの別物。

目立つ立ち姿と、情熱的な容姿。

虫たちにはたまらないらしい香りと、美味しいらしい蜜。

蜂や蝶々が次々やって来てる。

Dsc_0103
たっぷりの梅雨で洗い流され、橙赤に染まる湿った夕雲。

湿気た季節に咲いた花と空。

| | コメント (0)

2015/06/21

雨の聖橋

神田川沿いのギャラリーで作品展をする織姫さまとまりちゃん。

ちょこっと様子伺いに行ってみる。

久しぶりの御茶ノ水。

雨降りなのに、駅前は人でごった返してる。

さすがに大病院と大学の街やね。

学生時代は御茶ノ水から書店巡りにテクテク歩き出したし、

スキーや登山をやり出した頃はスポーツ店巡りもしたもんやわぁ。

懐かしい頃がふわ~

Photo

中央線の電車が新型になってるけど、

聖橋と古い御茶ノ水の駅舎は思い出の頃のまま。

湿気た歴史が漂ってる界隈。

| | コメント (0)

2015/06/15

バジルとラベンダー

ハーブのトップスター、バジル。

虫が嫌うその強い香りで優秀なコンパニオンプランツにもなる。

バジルのお陰で、無農薬でもトマトは次々花を咲かせ、緑色に結実してきてる。

Bajiru
トマトの横では脇役におさまってはいるけれど、やっぱり存在感はプンプン。

生命力モリモリ。

昨秋の剪定をさぼってしまったラベンダー。

古い株と新芽がゴチャゴチャの大きな株になってしもたぁ。

畑に植えてるのに、野原の野生種のようやわ。

一応、生産緑地なもんで、体裁はとらないとアカンのよね。

P1020218

蒸し暑さ対策もサッサとしないと・・・・・焦るわぁ・・・・・

早朝、剪定がてら枝ごと刈り込んでドライ用に束ねる。

これを何度も何度も繰り返さないと・・・・・・。

リラックスハーブがしんどいことにならないように・・・・・・。

| | コメント (0)

2015/06/04

P特等席

久しぶりにしっとり雨が降った翌日。

カラッと晴れ上がり、洗い流された空から陽射しが強烈。

朝から気温もグングン上昇。

もはや真夏。

Dsc_0072

このところ毎日通ってるおばあちゃんの眼科。

公立病院の駐車場の緑陰スペースは朝イチで入ってもすでに満車。

真昼でも濃くて広い影で覆ってくれてる。

今日は運よく空いててラッキー~。

出入り口に一番遠いのに、晴れた夏の日には特等席。

| | コメント (0)

2015/06/01

虫退治

椿の枝葉の草木灰にはアルミが含まれてる。

草木染には貴重な天然媒染材。

ありがたいことに庭に何本もある椿・山茶花のお陰で調達できるわぁ。

と・・・・・悠長なこと言ってられない事態が・・・・。

爆発的な出生率のチャドクガに取り付かれた椿や山茶花。

見ただけで痛痒くなってしまうううう。

嫌いな害虫ベスト10にはランクインしてるチャドクガの幼虫。

とてもとても見逃すわけにはいかん!

とにかく道路側の山茶花のだけでもやっつけねば。

かといって薬剤を撒くと、ぽたぽた落ちて毛が飛び散るので始末に負えない。

で、一本一本枝を落すことに。

そして点検。

枝おろし係りのだんさんと連携作業を地道にコツコツ丸2日。

毛虫つきの枝はビニール袋に入れて殺虫剤ブシュ―!焼却処分!

無事なものは草木灰と堆肥。

これから先何年もこんな手入れせなあかんの~、やってられへん。

で、根本からバッサリ切り落としてしまった。

それでもまだ庭には何本もチャドクガの大好きな椿があるんよ・・・・・。

9月にはまた発生するらしいので気が重い。

今度は孵化する前に薬剤撒いてから伐採しましょー!

夕方暗くなりかけた頃、虫付きの枝を燃やしてると、近所の男の子がやってきた。

火を燃やしてるんが珍しんやろね。

何燃やしてるの?と聞いてきたから、悪い毛虫を燃やしてると答えてあげた。

男の子はビックリしてた。

P1020212

嫌いな虫ばっかりに目を凝らしたたんで、チョッと息抜き。

きれいなものも見ないと、無慈悲なおばちゃんになってしまうわぁ。

| | コメント (0)

2015/05/23

寛容か諦めか

夜中の雷と雨。

朝、咲いたばかりのバラを見に行くと・・・・・

P1020203
「真宙・まそら」

去年新苗で買ってから丸1年。ようやく花開いたばかり。

今シーズンのバラは、春先に一度薬を撒いただけで低農薬と決めてた・・・・

気温が高くて早々と食欲旺盛になってきた虫たち。

青々と茂って美味しそうな葉っぱを振舞うことになってしもた。

それでも、薬剤は辛抱して辛抱して、活力剤だけで病虫と闘うんや。

ただ、バラゾウムシだけはやっつけてくれる益虫がいなくて、次々に蕾をしおらせてしまう。

憎きバラゾウムシ!

時たま間抜けなバラゾウムシを捕まえるけど、それくらじゃあ焼け石に水。

バラが自ら強くなって、食べられても食べられても、芽を出し根を張り花を咲かせる。

・・・・・とは無農薬栽培の基本。

毎年挫折してしまうけど、

少しは虫にご馳走させてあげてもええわぁ~

余裕なのか諦めるのか、今年はどこまで我慢できるもんやら。

| | コメント (0)

2015/05/06

春庭・どちらも主役

あっという間に見頃が過ぎてしまう華やかな花。

ひっそりと静かに長く咲きつ続ける地味な草花。

Dsc_003222
藤と皐月のツーショットはわずか数日。

P1020164
こぼれ種で咲くマメ科の花。

P1020176
アイビーの中から逞しく伸び出てきた雑草。

P1020177

ちょっと貧弱な都忘れ。

P1020151
脇役と心得てるようなユーフォルピア。





| | コメント (0)

春庭の朝

雨が降らない日が続いてる。

うるさすぎるガビチョウに起こされてしまったので、

虫が葉っぱをガリガリしてないか朝のうちに庭をぐるっとパトロール。

P1020168


葡萄の葉からこぼれそうな朝露の雫。

P1020161
ようやく葉を伸ばしきったギボウシ。

P1020175

井戸小屋にはわしたカロラインジャスミン。

毒草なのでアッチが食べてはいけないとここに移植してから花を咲かせない。

P1020174

もう少しで朝陽が射しこむ。

| | コメント (0)

2015/05/05

やかまし鳥

陽が昇るのが早くなってくると、朝起きるのも早くなる。

相変わらず寝るのは遅いのにね.

目覚まし時計なんて無用の長物やわ。

けど、このところ早起きの私より早く起きてる鳥がいるんよね。

ピィーンと突き抜けて響き渡る鳴き方で、いっぺんで目が覚めてしまう。

最初は珍しい鳴き声やわぁ~どこにいるんやろか~と聞いてたけど。

大音量と脈絡のないリズムの鳴声にうんざりしてきた。

ズバリうるさい!

P1020144
ガビチョウ

どうやら、東南アジアから持ち込まれた外来種、しかも特定外来生物。

あらら、在来生態系を脅かす嫌われ者やないの。

困りましたね、こんなやかましい鳥に居すわられては。

どっかに行って!

| | コメント (0)

2015/04/23

障子張りにクレジットカード

障子の張り替えは年末の大掃除にする。

世間では皆さんそうしてる・・・・・んでしょ?

そもそも障子は少なくなってきてるけどね。

我が家は梅雨時に張り替えてたけど、

おじいちゃんが療養入院してる今のうちにやってしまえー。

Dsc_0044

新しい障子紙になるのは気持ちがいい。

おっと、その前にひと仕事。

紙剥しと桟の掃除。

糊の按配で紙が残ってるところが厄介なんよね。

そこで、削ぎ落としに活躍してくれるのが、更新した古いクレジットカード。

紙と糊のこびりつきもこそげるし、鋭角に切れば隙間掃除にバッチリ。

Dsc_0028_2


さすがに丈夫な素材のクレジットカード。

切り刻んでゴミにするなら、その前にもう少し働いてもらいましょう。

つま楊枝を何本も潰してた隅っこの掃除に大助かりしてる。

障子の桟のホコリも布はさめば、きっちり拭きとれてスッキリ。

全て張り終えて打ち上げのビールがおいしい!

障子戸28枚完張。

| | コメント (0)

2015/04/18

ちっと遠回り

気温がぐ~ンと上がった金曜日。

あっ! 振り込み忘れてたぁ!

今日のうちに振り込んでしまわな、また忘れてしまう。

午後イチで郵便局へ。

自転車でスイスイ走ると5分で行ける。

ポカポカと暖かいねぇ。

そやそや、裏道をブラブラしながら行ってみよ。

小学校の脇を流れる細い川に沿ってゆるゆる走ると鉄橋に出会う。

単線のすごーく短い西武園線のすごーく短かい鉄橋。

西武園線は始発と終点の2駅しかなくて、この間を行ったり来たりするだけ。

都県境の田舎電車。

Dsc_0040jpg_2

おもちゃのような鉄橋、菜の花が咲いててのんびりしてるねぇ~

こんな時に電車が走ってきたらええのにねぇ~

そんなのんきなこと思ってたら・・・・・

近くの踏切から遮断機の下りる音、カーンカーンカーン。

そやそや写真撮ろ!

Dsc_0043jpg

スピードは出てないのに、シャッターチャンスはズレてしまってる。

にわか撮り鉄にもなれないどんくささ。

ま~ええやんかぁ。

用足しするんに遠回りしよ~なんて、すごーく久しぶりやもん。

どんだけ余裕のない生活してたんか。

遠回りの道草、ええもんやね。

| | コメント (0)

2015/04/11

麹棚

冬の仕込みからようやく食べ頃になった塩麹と醤油麹。

一度に欲張って大量に作ってしまい難儀してしもた。

材料や作り方はとても単純。

なだけに、レシピにはない微妙な手加減が大事。

それに、気温や湿度も・・・・・。

発酵食品は難しくて不思議でおもしろい。

気を抜くと発酵は不発やし、過保護になってもうまくいかない。

まさに麹様のご機嫌次第。

作り手の本気度を見透かされてるようやし、

樽の置き場所にもお気に入りがあるみたい。

P1020098
あちこち試したあげくに落ち着いたのが、土鍋を置いてる棚。

冷え込みにくく、光も直に当たらないのがええのかなぁ~

「おいしくなあれ、おいしくなあれ~」

手を合わせて、2拍手。

| | コメント (0)

2015/04/09

哀れロベリア

4月の雪。

入学式に降るはずの桜の花が雪になってしまった。

例年なら霜の心配もなぃ頃。

観葉植物を外に出し始めて慌ててしまう。

お昼過ぎまでボタボタと降って一面真っ白。

Dsc_0023
ルハーブの大きくなってきた葉。

どっしり覆ってる。

P1020140

せめて新聞紙でもかけてあげればよかったかも。

雪のあたったロベリアはしな垂れてしまってる。

初夏に向けて花を増やし始めたばかりやのに・・・・・

ごめんね。

| | コメント (0)

2015/04/01

ひと時の桜

国立病院の庭の桜の古木。

太い枝を広げ、満開の無数の花を咲かせてる。

その姿は貫録と威厳があって、まるでこの病院の守護者のよう。

Dsc_0014jpgsakura_3

Dsc_0017jpgsakura

桜の木の下で、車いすの子どもとお母さんが写真を撮ってる。

暖かい夕方で桜もきれい。

思わず声をかけてしまう。

「満開になりましたね~」

「桜の名所には行けないけど、ここの桜でお花見できるんですよ」

難病患者が多いこの病院。

何だか涙かこみあげてきた。

| | コメント (0)

2015/03/28

初心にもどる

朝ドラでウイスキーがブームになってるね。

もう時効やからええけど、私のアルコールデビューは高校生の時のウイスキー。

下戸の父が持て余した頂き物のジョニ黒をチビチビ飲んでた。

贅沢なことしてたんやね。

高価なウイスキーからビールや焼酎にスライドしてしまって、ずい分ご無沙汰してたウイスキー。

Dsc_0006
酒税法が緩和されてから特級も2級もなくなって、お手頃なウイスキーになってきてる。

若い頃は、わっかたふりしてブランドにこだわってたけど、今はどれでもOKやゎぁ~

晩ごはんの片付けも済んで、夜遅くにちびっと飲む、そのゆとりがええねぇ~

あ~キャップがプラスチックやん、ちびっとガッカリ。

| | コメント (0)

2015/03/23

種蒔き

用事は先延ばしにしてはいけない。

と肝に命じているものの、そうは上手くいかないのが世の常。

さっさとやってれば、今頃こんなに焦らなくてすんだのにぃぃぃ。

時期を逃がせない種蒔き。

花作りで最初にわくわくする時間やもん、ゆっくり楽しみたい~

なんて、チャンスをうかがってたら、もう3月後半ですがなぁ。

彼岸客の出入りの合間にささっとやる羽目になってしまった。

わくわく感なんぞ皆無。

90ポットにひたすら用土を入れて種蒔きしておしまい。

こりゃーただの仕事やん。

こんなんじゃぁーまともに芽が出るかどうか・・・・・やねぇ。

Dsc_0004
春撒き第1弾は定番の他に、

コンパニオンプランツで咲いてもらおうと、カレンデュラ3種類。

稀少種のクリスマスローズ。

生葉染め用の藍。

咲き乱れる花々を想像しながら、しばし芽吹きを待ちましょう。

| | コメント (0)

2015/03/19

春は今日から?

寒さに慣れた時分にバタバタと暖かくなって、お彼岸になってしまった。

いきなり「今日から春です」と言うくらいのポカポカ陽気。

朝っぱらだと人が多くて挨拶に忙しいので、お昼近くにお墓参り。

春のお彼岸は供養花も華やいで賑やかやね。

枝桜や蘭が豪華に挿してあるお墓もあるもんね。

我が家は庭に咲き始めた水仙と、仏壇には不向きなもくもくお線香をふんだんにお供え。

2015031812050001

最後に六地蔵にお参り。

どなたか知らないけど、いつも赤い毛糸の帽子と前掛けを着せてる人がいてる。

日本昔話のような佇まいに、自然と手を合わせる。

| | コメント (0)

2015/03/18

同じ景色

駅前ロータリーをぐるっと回って信号待ちしてると・・・・・

目の前は見慣れた駅前通り。

それほど繁盛してる店が並んでるわけでもなく、駅前通りにしては地味な景色。

4月になると桜並木はお祭りで賑わうし、

夏はうっそうと葉が繁り、緑陰は涼しげ。

なのに、何の感傷もなく見てられる。

それってなんか変やね・・・・・

2015030700190000

この景色、どこかで見たことある・・・・・

ん・・・・どこかの街の駅前通りと同じやわぁ。

市街地再開発で何十年も前から計画されてて、まだ1キロしか開通してない未完成の道路。

財政事情がややこしいのは、どこの街にもある話。

再開発は太い直線道路ありきなのも、どこの街も同じなんやね。

ファミレス、ドラッグストア、マンション、建ち並ぶ建物も同じ。

子どもたちには故郷なのに、味気ない駅前通りの景色。

わが街なのにつまらんわ~

| | コメント (0)

2015/03/08

味噌・なめたらアカン

寒仕込みの味噌を手作りしよ~と・・・・・

ひと月も前に取り寄せてたオーガニック大豆と生麹。

麹様に働いてもらうからには精神集中して仕込まないかん。

片手間に粗末な仕事ではいかん・・・・・偉そうな言い訳して。

いつものグズグズ病で1か月も遅れてしもた。

3月に入っても、なかなか暖かくならないし、やるなら今が最後のチャンス。

ようやっと腰が上がってやる気になったでぇ。

今日は朝から冷え込んでるしええんちゃう~

寒仕込みっぽいやんかぁ~

と、お気楽に炊き上げた大豆を潰しにかかったとたん、、、、、

ぐわぁ、、、、、、大誤算!

めちゃくちゃしんどい、、、、、

フードプロセッサーがないからブレンダーでブシュブシュ。

あ~ブレンダーが熱々!オーバーヒートしてしまいそうで危ない!

とてもとても、すり鉢でゴリゴリする根性はないし、諦めよー。

潰しきれないので、大豆ゴロゴロ、豆味噌みたいになりそうやで。

しゃーない、気合が入らんとこんなことになる。

味噌作り参りました。。。甘かった。。。やっぱり精神集中せなアカン。

P1020090
せっかくの材料に申し訳ないわぁ。

せめて、ゆっくり成熟してもらえるように暗い物置の奥にいてもらいましょう。

| | コメント (0)

2015/03/01

月めくりカレンダー

今日から3月・弥生。

月が替わってやる事・・・・・カレンダーをめくる。

ところが、たいてい数日経ってからになってしまう

締まりのない生活してるんやね、あきませんね。

今月はしっかり1日の朝にカレンダーめくり完了。

Img_5298

春を迎えるというのに、季節感のない台所のカレンダーやね。

2月はフォルクローレ柄クッション。

来月は怪獣の子ども?みたいな動物。

2015030117020000

冷たい雨、雪が咲いたような白梅。

| | コメント (0)

2015/02/17

小さなバレンタイン

外塀と下積ブロックの間の隙間。

風通しの5センチほどの隙間やけど、結構外の様子がわかる。

塀沿いは一方通行の生活道路。

駅に向かう急ぎ足や、犬のお散歩、バイク自転車、速度オーバーの車。

それに道を歩く人の会話や、携帯の話の中身までも聞こえてしまう。

世間話だけでない、上司の悪口やら愚痴やら、はたまた恋愛のもつれ話やら・・・・

聞きたくない他人様の内緒話まで耳に入ってしまううう。

週明けの月曜日の午後。

学校帰りの小学生の声がもちゃもちゃと聞こえてきた。

独り言やわ。

「もう!何がバレンタインだよ~ もう!バレンタインなんてなくていいよ!何だよぉ!」

手提げ袋をバチバチ塀にぶつけてる。

あらら~

顔は見えない、胸元くらいしか見えない、4年生くらいかな。

この男の子、可哀想にチョコもらえなくて八つ当たりしてんのやわ。

ふふふ~

好きな子がいたんかしらね。

こんな思いさせて罪なバレンタインデー。

2015021800190000

娘が兄貴達に選んだ控えめなチョコ。

| | コメント (0)

2015/02/06

霜葉

降り始めは雪。

そのうち雨になって夜までシトシトシト。

一晩明けたらそこらじゅう霜だらけ。

地面はシャリシャリ、アルミの門扉は凍ってガリガリ。

洗濯竿の雫も氷。

どおりで冷え込んでたんやね、おはよう予約しておいたエアコンも起動できてない。

道路も良く滑りそうなくらいツルツルアイスバーン。

救急車のサイレンがあちこちから聞こえてくるよ。

P1020084

氷菓子のように霜が降り付いた皐月の葉。

あと少しすると全てが解凍されてしまう、この時間だけの氷の世界。

| | コメント (0)

2015/02/04

おじいちゃんとひ孫

午後イチで東京ドームのテーブルウェアフェスティバルへ。

正味2時間で、展示とショップを駆け足で見て周る。

あまりにもザックリサックリで中途半端な印象しか残らんかったぁ。

けど、けど、夢の世界は毎年の如くでしたがな。

Img_5199

お菓子職人とコラボしたジアンのテーブル。

Img_5216

今年流行なんやね、あちこちで見かけた電動キャンドル。

Img_5221

今年の大賞。

玄人好みで、実用できそな寂卓。

介護用食器なんてないと諦めてたけど、ありましたで!

スプーンの返しが楽な小鉢。

2015020706400000


実は幼児用。

お爺ちゃんと、姪の子どもに柄違いでお揃いに。

掘り出し物も買えたし、黒柳哲子さんの弾丸トークもチラ聞きできたし、

結構満足できてた。

| | コメント (0)

おいしい豆

先週降った雪が融けて、冬と春の境みたい。

土の匂いは春の兆し。

2015020113250000

なんて、、、、、そんなにうまい具合にいくわけないやん。

冷たい北風が吹きまくって寒いのなんの。

暖冬の予想はとっくにぶっ飛んで、節分になってしまってる。

P1020080

出来合いの海苔巻きを切って今夜の夕食。

恵方巻きの習慣は商売上手な流行もん、食べる流儀はどうでもええわ。

神棚に灯を燈し、戸窓を開けて

「鬼は外、福は内」とお豆を数粒パラパラと撒いておしまい。

美味しい炒り大豆を投げてしまっては鳥のエサになるだけ。

炒り大豆をビールのお供に、歳の数倍食べるのが楽しみ。

これが今日のメインイベント。

| | コメント (0)

2015/02/01

フラワータワー

雪の降る日に羽田へ。

休暇で帰って来てた娘を見送りに・・・・。

お天気悪いから早めに家を出たのに、

丸福珈琲店でお茶し過ぎてしもて、ギリギリで搭乗口へ。

なんのこっちゃ、余裕でチェックインしたのに。

バタバタの「さいなら~」でしたわぁ。

ふわ~ぁ と手から荷物がこぼれたような感じ・・・・・

さあ、帰りましょか~とくるりとしたら、

広い出発ロビーの真ん中に花の塔がありますやん。

2015013016100000

「花の楽園」 石原和幸氏

憩いと躍動の象徴のような立ち昇るガーデン。

花は何処にあってもええもんです。

こぼれた荷物を拾う元気が出ましたでぇ。

| | コメント (0)

2015/01/27

黄色い梅

少し気温が上がると、ふわ~んと香ってくる。

何、何、この匂い。

2015012110030000

ロウバイ

年が明けて一番初めに咲く花。

来月には桃色の梅がチラチラ咲きだす。

それから少しすると白い梅の蕾がふくらんでくる。

さあ~香る梅シーズン始まりますよ。

| | コメント (0)

2015/01/20

手袋を買に行ったら

スーパーの冬物バーゲンの新聞広告。

紳士物の皮手袋が値下げになってるらしい。

普段用に欲しいと珍しくだんさんが所望されるんで、夕方自転車で買いに行くことに。

何処やの何処やの?

紳士物なんてめったに買わないから売り場が分かりまへんよ。

行きつけのスーパーやのに、グルグル歩き回って挙句の果てに店員さんに聞く始末。

ありました!

ご希望の皮手袋。

P1020071

やっぱりね、バーゲン品やね、ちょいと小さ目みたい。

けど、どうせのびるもん、これでええわぁ~。

ついでに靴下も買って、バーゲンの恩恵を頂きましたでぇ。

店内をウロウロしたおかげで、外はすっかり暗くなったしまった。

いつもどこに置いたか忘れてしまう自転車置き場。

ここでもウロウロ。

あった~

と・・・・・自転車に触れたとたん・・・・・

隣の自転車に倒れてしまい・・・・

バタバタバタ・・・・・・自転車のドミノ倒し

自転車置き場の端まできれいに完璧に倒れてしまってる!

なってこっちゃ!

トホホ~

仕方ない、1台1台自転車を起こすしかない。

そしたら~女神さまが現れてくれたぁー

若そうなおばちゃん。

一緒に自転車起こしてくれてんよ。

さすが若い、テキパキやって笑顔で店内に入って行きはった。

感謝感謝ありがとー。

人に親切にしてもらえるって嬉しいことやね

| | コメント (0)

2015/01/18

冬陽

雲が朝からどんより。

午後からは冷たい強い風。

3時を過ぎた頃、雲はすっかり風に飛ばされてった。

たちまち傾いた陽が射してきて、そこらじゅうが橙色。

P1020064


零下の外で静かに耐えてるタイムにも陽が当たってる。

P1020063

避寒して、ぬくぬくしてる観葉植物たち。

| | コメント (0)

2015/01/12

あま~い

ふわ~っと思いだした昔々のお正月。

子どもの頃、おばあちゃんにくっついて行ったお年始回り。

寒い寒い、雪も積もってて、囲炉裏のある家に行った記憶が残ってる。

小さい子どもには決まって甘酒を出してくれるおばちゃんがいてたなぁ~

「よお来てくれはったね~ 甘酒どない~甘いで~おいしいやろ~」

そんなん言われても・・・・・粒々の麹だらけでいやや、ちっともおいしくないやん。

ココんちいやや。

このおばちゃんいやや。

甘酒は苦い思い出。

今年のお正月。

三人姉妹の姪っ子や甥っ子たちがお年始にやってくる。

お酒の飲めないドライバーのママたち。

そうや!甘酒!

やっぱりねぇ。

大人には好評。

子ども達には不評。

P1020051


今は甘酒は飲む点滴とか言われて健康食品になってる・・・・・

半世紀も経つと麹の粒々もめっちゃ美味しい。

甘い甘い甘酒。

| | コメント (0)

2015/01/06

還暦イブ

三が日の次の日がだんさんの誕生日

あわやお正月にかき消されてしまいそうな1月4日。

50代最後のお歳になられましたで。

今年はどんなんにしたいんでしょうかね~

何かやりたいこ事はあるんでしょうかね~

P1020044

駅前のパティスリーのホールケーキに刺したローソク。

誰かが言ってましたで、誕生日は母親に感謝する日やて。

親の歳も、自分の歳もだんだんややこしくなってきたぁー。

とにかく、おめでとうさん。

ケーキ美味しかった~

| | コメント (0)

2015/01/04

ありがたい平日

明日から世の中ウィークデー。

我が家の居候さんも明日から出勤やね。

お正月はおしまい。

けど、年々お正月感覚が薄くなってるような気がするわぁ。

寂しいもんやね~

待ち遠しかったお正月は大昔の話やし、非日常な3日間は現実的でないもん。

元旦のきりっとした空気は今でも変わらないけど・・・・・

年始客と、どっと集まった姉弟家族がお正月らしい光景。

そもそも、高齢者や介護者には休みなんてなし、お正月は全然ありがたくない。

ゴミはたまるし、サービスはお休みやし、不便やわぁー。

P1020038


            

P1020039

P1020027

しめ縄の切れ端で作ったお飾り。

クリスマスリースの使い回しやけど、一夜飾りにならなくてよかったぁ~。

| | コメント (0)

2014/12/27

撮ってはいけないイルミネーション

クリスマスの夜に忘年会。

明るいうちに織姫さまと一つ用事を済ませ、

会社務めのまりちゃんとの待ち合わせまでチョッと時間潰し。

ちょうど東京駅の100周年イルミネーションやってるから見に行こ~。

こんな時間に都心をウロウロできるやなんて、気分ええわぁ~

2014122517510001

復元されたドーム。

2014122606350000
お散歩気分で行ったらとんでもない人出でビックリ。

丸の内出口を出て、ぐるっと回るコースに乗るしかイルミネーションは見られない。

記念スイカの騒動で懲りたのか、警備員だらけやし案内係りやら、警察官も大勢配置されてる。

「立ち止まらないでくださーい!」 「写真はご遠慮くださーい!」の連呼連呼連呼。

あ~うるさ!

イルミネーションで浮かび上がった駅舎を眺めるゆとりなんぞ皆無ですわぁー。

100年前、こんな色の光を当てられるとは想像もできんかったやろね。

街の灯りを落して、通行止めにした方が復元イベントらしかったかも・・・・・

| | コメント (0)

2014/12/23

クリスマス飾りの一夜飾り

世間様からずれた生活をしてたら、あっという間にクリスマスやん!

せめて勝手口にリースを・・・・

あら~今日はもう23日やん、クリスマスも一夜飾りってアカンのかしらねぇ。

まぁええわぁ~

P1020020jpga

藤のツルを落としたのを丸めて、柊の枝をちゅんちゅんと刺して、

北欧の人形に立っててもらうだけで出来上がり。

お正月飾りは早めにやらんとね。

| | コメント (0)

2014/12/07

朝は真冬

いきなり寒波襲来。

楓の紅葉がまだ枝についているのに、庭のバケツにはぶ厚い氷。

大雪で孤立集落のニュースが朝から流れてる。

今年のバレンタインデーの大雪被害を思い起こしてしもた。

Img_5192

今朝、2階の窓が今季初、全面結露したぁー。

あっという間に真冬になってしまったようやわ。

| | コメント (0)

2014/12/06

色いろ

蔵前の草木染ショップのワークショップ。

横浜や私のように東京の端っこからも参加者がやって来て毎回大人気。

都内では工房があるショップが少ないんやて。

前日、キャンセルの隙間に滑り込めた~ラッキー!

刈安と藍の重ね染め。

珍しくて難しそう、けど期待は膨らむ。

せっかくのチャンス。

草木染ではなかなか出ない緑系色に挑戦してみる。

初対面の12人とおしゃべりしながら2時間半。

染め上ったストールは萌木色より青みがかった淡い色に。

2014120617390000

 

様々な素材、織、デザインで自在に染まる。

同じ染液でも12人それぞれの色に仕上がって色いろ。

| | コメント (0)

2014/11/30

銀杏フォト

熊野街道を渡瀬温泉へ向かう途中。

黄金色に輝いた大きな木。

中辺路福定の大銀杏。

Img_5165

Img_5185
     集落の守り神なんやね。

Img_5172

Img_5168

Img_5178

     数万の黄葉は命そのもの。





| | コメント (0)

紀南の山と海

雑事の合間をぬって取れた2日間で和歌山へ、

1年ぶりに会えた娘とドライブ。

1時間も車で走ると温泉や景勝地に次々立ち寄れる。

世界遺産にも入り込んでしまってる。

和歌山ええとこやでぇ~。

Img_5146

紀南の山間を流れる日置川。

白い広河原をえびね温泉から眺める。

Img_5153

じゅわっと音がするような日没。

海に沈む太陽を見たのは何年ぶりやろか・・・・・・。

| | コメント (0)

2014/11/23

放り出し物

数十年の埃が積もり積もってるはずの押し入れの袋戸棚。

北向きの納戸にある天井につながってる奇妙な袋戸棚

あそこには埃だけやない、何かある・・・・怪しげな何かありそう。

何があるか誰も知らない、この家に65年も住んでるおばあちゃんも知らない。

触らないのがこの家の掟というより、手をつけたくない程不気味。

家中の押し入れを整理すると決めたこの秋。

いよいよこの開けずの袋戸も開けるでぇー!

・・・・・・・・・

ありました。

埃埃埃。  

と・・・・・

亡くなった貞ちゃん叔父さんが独身時代に聴いてたらしい(推測)木製レコードプレーヤー。

そんなものが何でここにあるのかは今では誰も分からない。

年代物だろうが、貴重な思い出だろうが、容赦なく断捨するんが今回の大整理。

埃養生して運び出し、ポイっとさせてもらいました。

次。

居候くんの押し入れ。

漫画まんがマンガ。

漫画にこれっぽっちの感傷もないお母ちゃんに見つかってしまったでぇー

全部ブックオフ行きじゃー!

と・・・・・

友達から貰ったというスロットマシン。

こんな物もサッサと捨ててしまえー!

2014111709400001
誰かにとっては掘り出し物かもしれないけど、

私には無駄に場所取りしてるだけの粗大ごみ。

次は、おばあちゃんの押し入れ・・・・・・

どっさり放り出し物がありそう~ 手強いぞー!

| | コメント (0)

2014/11/20

フリマ日和

ずいぶん前に決まってた、ふれあいセンターのフリーマーケット出店。

野外のフリマの出来はお天気次第。

1週前の市民祭りは雨の予報がでて、ヒヤヒヤして、寒くてブルブル。

けど、売り出し中のお笑い芸人のおかげで大盛況だったとか。

ふれあいセンターは地域の人脈が強み・・・・・・ん~それだけ。

ホントお天気頼みやわ~。

ところがどっこい当日は最高のお日和!

2014111509300000

桜の紅葉が芝生にチラチラ落ちてのどか~

出店者もお客さんも少なくてゆるゆる~

のんびりムードで売り上げなんてどーでもええわ~。

2014111609150000

2014111609160000
欲のないおじさんから格安で買った木工品。

ゼラニウム、多肉植物入りで500円!

お金のとれそうもない不用品を並べた出店よりも、出物発掘で大満足のフリマでしたわぁ。

| | コメント (0)

2014/11/10

可愛いいのにたくましい

13年くらい前に100円で買った1鉢のツルソバ草。

金平糖みたいな小さな薄いピンクの花が可愛らしくて一目惚れ。

こんな花が庭一面に咲いたらさぞや心地いいやろね~とか想像して。

直ぐに冬になって、地上部はしなびて枯れて惨めな姿。

来春は大丈夫かな?

ところがどっこい、ピンクの金平糖は丸ごと種になってて、数十倍の膨張率で増殖していった。

種から芽が出て、根が伸びて芽が出て、グングン伸びて障害物も何のその。

夢見た通り庭一面に咲きまくり、在来種が乗っ取られてしまう勢い。

こんなはずやなかった!

よくある見込み違いのハズレ。

2014110510110002

グランドカバーに最適と園芸店に売られてるツルソバ。

ホトトギスもそのうち覆われれしまう運命かも・・・・・憎たらしいほど逞しいツルソバ。

種ができる前に花を摘んでしまうしか手立てはなし。

ツルソバを超える植物が台頭してくるまで黄金期は続くやろね。

・・・・・どうしたもんか・・・・・

| | コメント (0)

2014/10/30

価値って?

山手線で「島守」を読みふけり、ボワーッとしたままハチ公出口に出るとそのギャップは劇的。

まさに静寂の大正時代から21世紀にタイムスリップした感覚やった。

って、私はどっちの人間?

勿論こっち。

なのに、こっちの渋谷は田舎で静かな生活をしてる者にとっては、目も耳も容量オーバーでっせ。

2014102916440000

渋谷のスクランブルは東京新名所とやらで、外国人に大人気のフォトスポット。

ごった返す歩行者が一斉に複雑な交差点を渡るのが驚きらしい、しかも日本人はちゃんと信号を守ってる。

私もすんなり交差点渡ってお目当ての北海道チョコレートを催事してる東急へ。

道すがらお店やそこら辺の人たちを眺めながらトコトコ歩き、デパートの各階をウロウロ。

久々の渋谷なのに、な~んか変・・・・全然おもしろくない。

気が魅かれるものがない・・・・・この街は何の価値もないように思えてきた。

よその人には価値があるのやけどね、自分には必要でないもんばっかりやわぁ。

刹那的で無用なものだらけに思えるんやもん。

あらら~感受性がスカスカになってるんかしら?

価値観がずれてる?

 こわー!

そんなことないわぁ~ひとつありましたで。

地元の素材を大事にしたいからと美帆の若い女性が作ってる創作チョコ。

このチョコは価値あり。

物の背景に人や自然の姿が見えたからかもしれんね。

| | コメント (0)

2014/10/29

かすみ目でハロウィン

定期眼科検診。

すごーく気が重い。

自分で予約したくせにやりたくない。

メチャクチャ視力が弱いし、視野も悪いし、そもそも眼力がないと先生に言われてしまってる。

それでも現状を診てもらわないと治療のしようがないもんね。

頑張って行くしかない。

2014102822150001

ハトコさんお手製のメガネケース。

検査中にメガネを入れておくん。

眼科にもメガネケースは用意されてるけど、このお気に入りだと検査ブルーも和むんよ。

検査点眼液でかなり眩しい。

かすむし、にじむし、電車でひと駅を緊張しながら帰ってくる。

こんなんじゃお昼の支度なんてとてもできそうにないわぁ。

駅前のコープスーパーで海苔巻でも買うかなー。

2014102712200000
あらら~ハロウィン寿司~

今日のお昼はこれで決まり!

けど、、、、

可愛いようやけど、ちょっと安易とちゃう?

同じパッケージで、カボチャの顔のシールを桃のシールに変えたら、お雛様寿司。

鯉のぼりのシールで青魚のにぎりにしたら端午寿司になるんちゃう?

まっ、ええかぁ~

眼科帰りにプチハロウィンが味わえたもん。

| | コメント (0)

2014/10/18

欲張り野菜

スプラウト系の野菜は価格安定の優等生。

主役にはなれないけど、天候不順や端境期にはありがたい。

豆苗は歯ごたえも程々にあってお気に入りの野菜。

丸々した茶色の種がゴロゴロ残っててもう一度芽出しをしてみる。

ひたひたの水に漬けて窓際に置いておくと、2,3日してツルツル芽が伸びてきたぁー。

柔らかそうで、美味しそうな芽。

まだまだ出てくる、もっと出てこい、もっと出てこい!

まだまだ伸びる、もっと伸びろ、もっと伸びろ!

2014100610150000

すごい成長スピード。

もうそろそろ収獲しよか~。

ん!何!かたぁー!

豆苗の若芽には程遠い、スジばかりのセロリみたいやんかぁ!

伸ばし過ぎたんやゎ。

もっと早くに食べ頃があったんやね。

欲張るといいことないね。

P1010678
姪っ子が育てたバターピーナッツカボチャ。

半月は熟成させた方が美味しいらしい。

無農薬、無肥料の欲張らない野菜。

 

| | コメント (0)

2014/10/15

台風の後かたづけの前に・2

夜中に強い雨風。

久々に台風の音を聞く。

クヌギをバッサリ切っておいて正解やったわぁ。

荒れた空は夜が明ける頃にはおさまり、静かな朝でホッとする。

P1010676

ザーザー洗い流されて、清々しい空に雲が輝いてる。

ちぎれ落ちた枝葉を掃除しなければ・・・・・

と思う間もなく吹き返しの強風が落ち葉を舞い上がらせてしまってる!

明日には吹き溜まりにまとまっててくれたらええけど・・・・・

こんな呑気でいられるのはこの辺りで大した被害がないから。

もっと西では毎回台風で大きな被害が出てる。

それにしても台風のエネルギーは凄いもんやで。

このエネルギー、何とか充電できないもんか・・・・なんてね。

| | コメント (0)

2014/10/13

台風が来る前に・2

先週よりも大きくて強い台風が今度は本当に直撃してきそう。

台風情報ばっかりのニュース。

やっぱりあのクヌギの木を切った方がいいのかな。

風に揺すられて屋根を壊してしまいそうなんやもん。

ドングリから芽吹いた逞しいクヌギの木は、あまりにも建物に近すぎてしまった。

せめて上部だけでも。

2階の窓から、去年買ったばかりの高枝チェーンソーで、だんさんに切り落としてもらう。

2014100610350000
2階の屋根を追い越したクヌギ。

2014100610370000
毎年実をつけて、のっぽに育ったクヌギ。

2014101309510001

コンパクトに切り詰められたクヌギ。

根元には次世代の幼木がツンツン伸びてきてる。

| | コメント (0)

カメラオンチ

すっかり暗くなった頃、牛乳瓶を出しに外に出ると、

ちぎり絵のような雲が夜空いっぱいに広がって、その隙間に明るい月が・・・・

きれいやゎ~

滅多にこんな空景色お目にかかれへんゎ~写真に撮っとこ。

2014100719200000

見えたのとは程遠い画像の月。

肉眼とカメラの眼では違うのはしょうがないけど、ちゃうんよね、こんなんやなかった。

もっと月がくっきり、雲の切れ間につるんと剥けたように見えてたのに。

無理言ってはいけません、写真がどうして撮れるのかさっぱり分からないくせに

お月さんなんて難しいもん撮れるはずないやんね。

露出度とかシャッタースピードとかちんぷんかんぷんやのに、

パシャパシャ撮りまくってるからしゃーないわ。

取説読む気なし。全てオートフォーカスにお任せ。

早い話がバカチョンでしか撮れない。

2014100819090000

知らなかったけど翌日が皆既月食!

懲りずに撮って、またまたガッカリ。

| | コメント (0)

2014/10/06

台風の後かたづけの前に

待ち構えてた最強台風は瞬く間に過ぎ去っていった、

あちこちに爪痕を残して。

ここら辺は幸い左半径にかかってたらしく、大したことはなくホッ。。。。。

2014100610340000

ドーン、ドーン、ドーン!

不気味な音をたてて、クヌギの木が屋根を叩く。

大したことはないと言っても、これだけ強風が吹くと外回りの後片づけは大したことになるやろね。

P1010585

家に閉じこもってる間に、古いお番茶を炒りなおして焙じ茶にしとこー。

| | コメント (0)

2014/10/04

台風が来る前に

日本にグングン迫ってくる大型台風。

予報は全くずれない。

確実にこっちやって来る。

けど、まだ気配はなくて、本当に大荒れになるんかな?

この油断が落とし穴らしい、偏西風で急に曲がるので、急変するんやね。

そうそう、早めに対策せんと・・・・・。

と言う訳で、その対策が柿採り。

たわわに実った今年の柿は虫食いだらけ。

1/3は棄てるしかない傷だらけ。

2014100410580000

猛暑と不規則な天候が虫を呼んでしまったんやわね。

大きな柿の木に脚立を立てて、長枝ばさみの手に届く範囲の柿の実。

あっという間に段ボール箱はいっぱい。

嵐で落とされるより、食べるように採っておいた方がええやんね。

こんな出来の悪い柿ではよそ様にどうぞとは言えまへん。

身内で消費するしかないかぁ~

あとは・・・・・バラの枝をまとめ、飛び散りそうな小物を隠して・・・・・・

| | コメント (0)

2014/10/01

無声カチカチ

カチカチ...... カチカチ......   

水曜日の夜八時頃になると聞こえてくる音。

空耳かと思うくらい微かで控えめに響くカチカチ.......カチカチ........

家の前の道を南から北へ動いてるカチカチ。

まさか~

火の用心?

拍子木みたいな音やけど、「マッチ一本火事のもと」ってお決まりの呼びかけがないね。

カチカチだけ。

んんん・・・・・

気になりだしたら、正体を突き止めないと納まりまへん。

今夜こそはと、音が聞こえてきて直ぐに外に出てみると・・・・・

蛍光色のベストを着た数人のおじさん方が歩いて来るではないの。

へぇ~

火の用心やなくて、防犯パトロールなんやゎ。

ご苦労様です。

無口なおじさんたちのカチカチやった。

夕方。

日課の盆栽の水やりをしてると、大きな歌声が走って行った。

家の横の道を東から西へ、自転車がビューンと風を切る音と一緒に。

聞いたことのないメロディーやけど、こっちが気持ち良くなるくらい

堂々と歌いきってる女性の歌声やった。

| | コメント (0)

2014/09/17

痛いダブルパンチ

一昨日からお腹の調子が悪い。

食べる度にキンキン痛い!

生もの食べた憶えないし、食べ過ぎてもいないし・・・・・

何が悪かったのか、全く心当たりがない。

記憶がないだけで変なもん食べたんかなぁ?

トイレも度々で、おばあちゃんを親戚のお祝いに連れて行くはずがパアー。

連休でクリニックは休診。

しゃーない、こんな時は覚悟を決めて「絶食」やぁ!

薬を飲むより食べないのに越したことないわぁ。

けどね、パワーが激減。

やる事はやらないとあかんのにぃ。

チョッとだけ恐る恐る食べてみると・・・・・やっぱり痛くて後悔。

食べても直ぐ出ていくから食べんでも同じことやん。

さすが2晩寝ると痛みも慣れてきた・・・明日はクリニックに行こう。

今朝、ゴミを玄関先に出してふっと庭木を見たら・・・・あらららら

サンシュウの葉にアオイガラの集団発見!

葉はすで食い尽くされてボロボロ。

枝ごと切り落として始末じゃぁー!殺虫剤ブシュー!

あららららーピリピリ痛い!

不覚にも刺されてしもた。

薄手でもゴム手袋してたのに、枝葉のあちこちに取り付いてた敵の毛は手強かったわぁ。

お腹が痛いのに、手のひらは電気ショックのような痛み。

消毒して薬塗って、痛みは止まってやれやれ・・・・・朝っぱらからバタつきましたで。

Nec_0636

  早春に黄色い花をつけるサンシュウ

バッサリ枝を切り落としてしもたので、来年は不格好な花木になるやろね。

| | コメント (0)

2014/09/11

経木の使い道

高値予想が落ち着いてきたサンマ。

ようやく晩ごはんのおかずにできたぁ。

いろんな事情が直ぐに反映される生鮮食品。

不順な天気で野菜はメッチャクチャ高いし品薄。

サンマは海水温の高い低いだけでも、高級魚から大衆魚に呼び名がコロッと寝返ってしまう。

鮮度はいいけど、ちょっと小ぶりな今日のサンマ。

焼いて縮むより、煮た方が美味しいかも。

マキちゃんが教えてくれた経木の落し蓋。

へぇ~ 経木は船型にしてたこ焼きのせるだけかと思ってたぁ~

って、感心した経木。

そんなんで、築地でどっさり買い込んで来てる。

P1010576

ピッタリへばりつかないし、丸い鍋に四角い経木はかなりアバウトサイズやけど、

ぷかぷかした分、お汁の対流を邪魔しないでええ感じ。

P1010573

この前お蕎麦屋さんで食べたメニューのパクリ。

ごぼうと秋刀魚の山椒煮。

丁寧に魚をさばくのが決め手。

明日の晩は味がしみてて、もっと美味しくなってるはず。

| | コメント (0)

2014/09/02

今シーズン限り

暑くなりかけた頃から、サツキの盆栽に水をやってると、

きまって蜂がブ~ン、ブ~ンと飛んでくる。

2,3匹の黄色と黒のシマシマ。

この辺に巣があるんかも・・・・・蜂の領域みたい・・・・私を偵察してるんやわ。

ジロジロ見られてるのがビシビシわかるけど、こっちもこの辺りは生活圏なんよ。

植木に水を撒いてるだけで、悪さはせんよ、刺さんといてね~

P1010491

巣、発見!

こんな身近なとこに。

P1010497

ネット図鑑を見るとどうやらセグロアシナガバチみたい。

毒性は強いけど、怒らせなければ攻撃してこないとか。

そおっと水だけ撒いて離れてるから大丈夫。

獲物は虫の幼虫。毛虫とかイモムシとか、あの手強いチャドクガ!

こっちの味方になってもらうとありがたい蜂。

自然界にはなくてはならない昆虫なんよね。

静かにお付き合いするしかないか・・・・

とりあえず、今年は巣を退治しないでおきましょう。

来シーズンは早期発見して、巣作りは諦めてもらいまっせ。

| | コメント (0)

2014/08/26

5時半のチャイム

夕方5時から庭の水まきするのが夏の晴れた日の日課。

外に出るのが嫌になる~

まだムンムンしてて、陽射しが強くて、

ホースの中の水は熱い!

ようやく出てきた冷たい井戸水をかけても、草花は湯気がたつほど火照ってるんよ。

涼しくなるんを待ってたら、何時になることやら・・・・・

グズグズしたあげく、5時半にようやく重い腰をあげる。

しゃーないな、やるしかないか~

5時半のチャイムが大音響で防災スピーカーから鳴り出して、急かされるんやわ。

夕焼け小焼け~

子どもにお家へ帰ろうの合図やけど、私にはリミッターのようなお世話なチャイム。

あらーっっっ

なんか、暗いっ!

日が暮れてるん?

暑くても、暑くても、ちゃんと日の入りは早くなってるんやね。

曇ると6時は庭仕事なんてできないほど暗くなってる。

秋に向かっての日の暮れ方は凄く早い。気のせい?

2014082611360002
盛夏から咲いてる秋の七草、女郎花。

ちょっと苦手な匂い。

| | コメント (0)

2014/08/17

真夏に土鍋

不快な猛暑のせいか、順調に老化しているのか、弱々しくなってる胃腸。

汗をかきながらやって来るお盆のお客さんに、まずはお出しする冷茶を

来客の度に付き合って飲んでしまったのが悪かったみたい。

熱中症対策でこまめな水分補給はいいけど、胃液が薄まってしまってたんやね。

こんな時は、胃を休ませるに限る。

とはいえ絶食はできないので、だんさんにも付き合せて雑炊で晩ごはん。

仏様用に三度三度炊いたご飯が余ってるし、ちょうどええ始末メニューやゎぁ。

P1010479

ご接待が終わると慰労会をするはずが、胃労会になってしもたぁ~。

お腹も温まってええ感じ。

これで元気回復できたかな~

明日の晩はビール飲みまっせ!

| | コメント (0)

2014/08/13

藤ツル

強い紫外線。

陽射しと高温は容赦なくて、庭の植物はギリギリ耐えてるけど、

バラも菊も、おじいちゃんの盆栽の松やボケも、み~んな葉先が焼けてる。

新芽を出して葉を茂らせるまで頑張ってもらわないとね。

そんなん待ってられない、弱った草木は水を吸い上げる力もなくなって、ますます弱ってしまうもん。

温暖化に順応なんてできなまへんがな。

衰えていく庭の中で、唯一勢いのいいのが藤。

鉢植えの藤のツルがぴょんぴょん跳ねて邪魔なほど。

P1010467

ツル性植物はそもそもが逞しいもんね。

| | コメント (0)

2014/08/11

雲・空

猛暑日の真っ青な空。

2014080715050000
台風がじわりじわり近づいてる。

穏やかそうな空にスイミーのような雲が・・・・・・

P1010464
遠くの台風から吹いてくる強風が雨雲を飛ばすと

マジックアワーのような空が・・・・・

何でもない日でも、こんな雲や空を見るとハッピーやわぁ~

| | コメント (0)

2014/08/06

穴あきバジル

真昼間、外はまるで岩盤浴してるみたいな熱熱熱!

気温と体温が同じの毎日。

暑さと食欲不振がボディブローみたいに効いて、胃腸を弱らせてる。

8月になったばかりやのに、こんなんで今年の夏が乗り切れるんかな~?

暑い時こそ、冷たい物は禁止。

氷をのせた素麺もしばらくなしにしよ。

温かいご飯を汗かきながら食べる方がお腹は喜んでるみたい。

トマト三昧は相変わらず。

セロリの大株と大量のトマトを消費したくてトマトソースを作ってみたぁ~

大成功! 見る見るトマトは凝縮して可哀想なくらいちょびっとになりましたでぇ。

ついでにバジルも入れてイタリアン仕立てのソースの出来上がり。

P1010463
鉢植えの無農薬バジルは虫食いだらけ。

この猛暑でも、虫の食欲は落ちてないらしい。

全滅寸前で摘んだ無穴の葉はほんの数枚。

バジル好きの虫は逞しいね。

| | コメント (0)

«トマトマト